photo

運転免許の区分ごとに運転できる車種

みなさんが運転免許を取得しようとする時には、どのようなことをお考えになりながら取得するのでしょうか。これからその車を生活上でどうしても使わなければならなくなったので取得するということもあるでしょうし、どうしても車の運転がしたいという趣味性の強いご希望からの取得となるかも知れません。このような色々な目的をそれぞれの方がお持ちになって取得をされることでしょう。

img

 ここで、これからその方が運転される車種のものについてはそのまま取得をされるということでいいのですが、それ以外にも特徴となるようなことがあります。免許の区分というものがまず車種ごとに分けられていて、その種類の名前で言いますと、大型、中型、普通などのようにその他にも多数の区分が存在します。そのような中で運転できる車種というものは、基本的にその名前のタイプのものとなります。

例えばトラックに乗りたいのであれば、そのトラックの大きさ等に応じて、大型であったり中型であったりとする区分の物を取得すればいいことになります。特に大型を取得すれば、大は小を兼ねるという言葉にもありますように、その下のクラスである中型や普通の車も運転することができるという特徴もあるのです。 また殆どの区分で小型特殊自動車と原動機付自転車も同時に運転することができるという特典も付いています。しかし小型特殊と原付の区分ではその一種類の車しか運転することができなものともなっているのです。